専門分野

Webデザイン,教育工学,学習支援システム

研究テーマ

  • 既存WebデザインのXR空間への転用
  • HyFlex型授業・学習環境の構築
  • 認識的準備活動を取り入れた反転授業デザイン

研究業績

論文誌(査読あり)

  • 伏木田稚子, 大浦弘樹, 吉川遼 (2020) 認識的準備活動を導入した統計の基礎を扱う反転授業の実践と評価. 日本教育工学会論文誌, 44(2), 237-251. [PDF]
  • Yasunobu Sumikawa, Ryohei Ikejiri, and Ryo Yoshikawa (2020) MaxMin Clustering for Historical Analogy. SN Applied Sciences, Springer Nature, 2, 1441. [PDF]
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2019) Designing and Evaluating Educational Media for Collaborative Historical Analogy. International Journal of Educational Media and Technology, Japan Association for Educational Media Studies, 13(1), 6-16. [PDF]

大学紀要(査読あり)

  • 長谷川聡, 田村武志, 小橋一秀, 水谷暁登, 吉川遼, 木村亮介, 八嶋有司, 青山太郎, 横田正恵, 森博 (2021) オンライン授業と対面授業の融合に向けて―高大連携と大学・高校のコロナ禍の遠隔授業の報告と今後―. 名古屋文理大学紀要, 21, 37-45.
  • 吉川遼 (2021) プログラミング系授業におけるオンライン型反転授業の導入と実践. 名古屋文理大学紀要, 21, 5-14.
  • 長谷川聡, 小橋一秀, 本多一彦, 横田正恵, 山住富也, 田近一郎, 吉田友敬, 木村亮介, 青山太郎, 吉川遼, 森博 (2019) 情報メディア学科におけるiPadの教育利用―日本の大学初のタブレット端末導入からの8年―. 名古屋文理大学紀要, 19, 63-70. [PDF]

国際会議発表(査読あり)

  • Ryo Yoshikawa, Ryohei Ikejiri, and Yasunobu Sumikawa (2019) Interactive System for Collaborative Historical Analogy, In Proceedings of Learning and Collaboration Technologies. Ubiquitous and Virtual Environments for Learning and Collaboration, HCI International 2019, HCII’19, Orlando, Florida, USA. [PDF]
  • Wakako Fushikida, Hiroki Oura, and Ryo Yoshikawa (2019) Effects of Epistemic Preparative Activities on Students’ Understanding in A Flipped Classroom. Short Paper presented at 13th Multi Conference on Computer Science and Information Systems, Conference Sessions: e-Learning 2019: Porto, 2019.07.16 – 2019.07.19.
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2019) Towards Enhancing Historical Analogy: Clustering Users Having Different Aspects of Events, In Proceedings of the Future of Information and Communication Conference, FICC’19, Springer, 756-772. [PDF]
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2018) Grouping System to Promote Collaborative Historical Analogy, In Proceedings of the Annual International Conference for Media in Education, ICoME’18. [PDF]
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2017) Development of a Grouping System for Collaborative Historical Analogy”, In Proceedings of the Annual International Conference for Media in Education, ICoME2017, Honolulu, USA. [PDF]

国内学会・研究会発表(査読なし)

  • 長谷川聡, 木村亮介, 吉川遼, 小橋一秀 (2021) 遠隔オンライン授業と対面授業の比較報告―タブレット端末の利用と授業動画配信による―. シンポジウム「モバイル’21」研究論文集, 9-12:オンライン開催.
  • 伏木田稚子, 大浦弘樹, 吉川遼 (2020) 反転授業における認識的準備活動,心理的価値,動画視聴の関係. 日本教育工学会2020年秋季全国大会講演論文集, 283-284:オンライン開催.
  • 大浦弘樹, 光永文彦, 吉川遼, 伏木田稚子 (2020) 反転授業前の対面での準備活動が動画の視聴時間に与える効果. 日本教育工学会2020年秋季全国大会講演論文集, 143-144:オンライン開催.
  • 吉川遼, 大浦弘樹, 伏木田稚子 (2020) 認識的準備活動を取り入れたプログラミング教材の設計. 日本教育工学会2020年秋季全国大会講演論文集, 141-142:オンライン開催.
  • 伏木田稚子, 大浦弘樹, 吉川遼 (2019) 反転授業における認識的準備活動と講義動画の視聴行動との関係. 日本教育工学会2019年秋季全国大会講演論文集, 393-394:名古屋国際会議場.
  • 大浦弘樹, 伏木田稚子, 吉川遼 (2019) 反転授業での事前動画視聴を促す認識的準備活動の目標と要件. 日本教育工学会2019年秋季全国大会講演論文集, 391-392:名古屋国際会議場.
  • 吉川遼, 大浦弘樹, 伏木田稚子 (2019) ゲームを活用した認識的準備活動におけるシナリオ設計の検討. 日本教育工学会2019年秋季全国大会講演論文集, 121-122:名古屋国際会議場.
  • 伏木田稚子, 大浦弘樹, 吉川遼 (2019) 統計ゲームによる認識的準備活動を取り入れた反転授業の実践と評価. 大学教育学会第41回大会発表要旨集録, 82-83:玉川大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2018) 協調的な歴史的類推を促すオンライン教材の開発―真正な問題提示と効果的なグループ編成の両立を目指して―. 第67回全国社会科教育学会研究大会, 64 : 山梨大学.
  • 長谷川聡, 長谷川旭, 岩佐麻紀, 小橋一秀, 本多一彦, 吉川遼, 青山太郎, 吉田友敬 (2018) 大学教育でのiPad利用~名古屋文理大学8年間の変遷〜. モバイル学会第26回モバイル研究会研究報告集, 14(2), 45-48 : 青山学院大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2018) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムのデザイン. 日本教育工学会第34回全国大会講演論文集, 65-66 : 東北大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2017) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムの開発. 全国社会科教育学会第66回全国研究大会論文集, 37 : 広島大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2017) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムの開発. 第24回日本教育メディア学会年次大会, 107-108 : 茨城大学.
  • 吉川遼, 池尻良平, 山内祐平 (2017) 身体的演奏技術に関する気づきを促すシステムの開発. 日本教育工学会研究報告集, 17(1), 49-56 : 信州大学.
  • 吉川遼, 荒優, 山内祐平 (2013) 演奏表現と身体動作を結びつけた演奏学習コンテンツの開発. 日本教育工学会大会講演論文集, 29, 967-968 : 秋田大学.[PDF]
  • 吉川遼, 浦田真由, 安田孝美 (2011) 動画配信サービスによる市民参加型イベントの配信実験と考察. PC Conference論文集, 2011, 208-211 : 熊本大学.[PDF(Slideshare)][PDF]

学位論文

  • 吉川遼 (2015) 身体的演奏技術習得に関する研究. 東京大学大学院学際情報学府 修士学位論文

外部資金導入実績(研究代表者)

  • 「既存のWebデザインを仮想現実空間へ転用するWebブラウザアプリケーションの開発」,研究代表者(吉川遼), 研究分担者(八嶋有司, 彦坂和里), 科学研究費助成事業2021年度基盤研究(C)(21K12573), 2021-2023, 4,160千円

外部資金導入実績(研究分担者)

  • 「主体的・対話的で深い学びを促すHyFlex型授業・学習環境の構築」,研究代表者(大浦弘樹), 研究分担者(加藤浩, 光永文彦, 伏木田稚子, 吉川遼), 科学研究費助成事業2021年度基盤研究(B)(21H00897), 2021-2023, 15,080千円
  • 「認識的準備活動を統合した反転授業の拡張モデルと設計法の構築」,研究代表者(大浦弘樹), 研究分担者(伏木田稚子, 吉川遼), 科学研究費助成事業平成30年度基盤研究(C)(18K02815), 2018-2020, 4,290千円

外部資金導入実績(研究協力者)

  • 「データ分析と論証活動を支援する探究型統計学習環境の開発」,研究代表者(大浦弘樹), 研究協力者(吉川遼), 科学研究費助成事業平成28年度若手研究(B)(16K16312), 2016-2018, 3,510千円
  • 「オンライン上での協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムの開発と評価」,研究代表者(池尻良平), 研究協力者(澄川靖信, 吉川遼), 科学研究費助成事業平成28年度若手研究(B)(16K16314), 2016-2018, 3,250千円
Top