Research

専門分野

教育工学,学習支援システム,ヒューマンインタフェース・インタラクション

研究概要

暗黙知・身体知の学習への応用

研究業績

学会における発表 査読あり(refereed)

  • Ryo Yoshikawa, Ryohei Ikejiri, and Yasunobu Sumikawa (2019) Interactive Grouping Framework to Enhance Collaborative Historical Analogy, In Proceedings of HCI International 2019, HCII’19, Orlando, Florida, USA.
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2019) Towards Enhancing Historical Analogy: Clustering Users Having Different Aspects of Events, In Proceedings of the Future of Information and Communication Conference, FICC’19, San Francisco, California, USA.
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2018) Grouping System to Promote Collaborative Historical Analogy, In Proceedings of the Annual International Conference for Media in Education, Chungbuk, Korea.
  • Ryohei Ikejiri, Ryo Yoshikawa, and Yasunobu Sumikawa (2017) Development of a Grouping System for Collaborative Historical Analogy”, In Proceedings of the Annual International Conference for Media in Education, ICoME2017, Honolulu, USA. [発表原稿]

学会における発表 査読なし(not-refereed)

  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2018) 協調的な歴史的類推を促すオンライン教材の開発―真正な問題提示と効果的なグループ編成の両立を目指して―.
    第67回全国社会科教育学会研究大会, 64 : 山梨大学.
  • 長谷川聡, 長谷川旭, 岩佐麻紀, 小橋一秀, 本多一彦, 吉川遼, 青山太郎, 吉田友敬 (2018) 大学教育でのiPad利用~名古屋文理大学8年間の変遷〜. モバイル学会第26回モバイル研究会研究報告集, 14(2), 45-48 : 青山学院大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2018) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムのデザイン.
    日本教育工学会第34回全国大会講演論文集, 65-66 : 東北大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2017) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムの開発.
    全国社会科教育学会第66回全国研究大会論文集, 37 : 広島大学.
  • 池尻良平, 吉川遼, 澄川靖信 (2017) 協調的な歴史的類推を促すグループ編成システムの開発.
    第24回日本教育メディア学会年次大会, 107-108 : 茨城大学.
  • 吉川遼, 池尻良平, 山内祐平 (2017) 身体的演奏技術に関する気づきを促すシステムの開発.
    日本教育工学会研究報告集, 17(1), 49-56 : 信州大学.
  • 吉川遼, 荒優, 山内祐平 (2013) 演奏表現と身体動作を結びつけた演奏学習コンテンツの開発.
    日本教育工学会大会講演論文集, 29, 967-968 : 秋田大学.[発表資料]
  • 吉川遼, 浦田真由, 安田孝美 (2011) 動画配信サービスによる市民参加型イベントの配信実験と考察.
    PC Conference論文集, 2011, 208-211 : 熊本大学.[発表資料(Slideshare)][PDF]

学位論文

  • 吉川遼 (2015) 身体的演奏技術習得に関する研究. 東京大学大学院学際情報学府 修士学位論文

外部資金導入実績(分担者)

  • 「認識的準備活動を統合した反転授業の拡張モデルと設計法の構築」,研究代表者(大浦弘樹), 研究分担者(吉川遼), 伏木田稚子, 科学研究費助成事業平成30年度基盤研究(C)(18K02815), 2018-2020, 4,290千円